稼げるセールスレターの書き方「世界でただ一人あなただけに売ります」

アフィリエイト コピーライティング


あなたがその商品を世界中でたった1人にだけ売るとしたら誰に売りますか?

これを見つけるのってどうすればいいんでしょうか?

答えは簡単。

その人宛に手紙を書けばいいんです。

たった一人に書くんですか?

そうです。

その一人に向けて書きます。

パーフェクトカスタマーとは?

パーフェクトカスタマーとは人物やその人格の事を指す言葉です。

あなたの商品やサービスを利用する際のお客さんの行動と心理、その背景を考えることがビジネスにおいてとても重要ですよね。

具体的に実在する人物でイメージした方が設定しやすいと思います。

名前、性別、年齢、職業、家族構成、既婚・未婚恋人の有無、好きな服装、休みの日は何しているか、どんな悩みを抱えているのかなど徹底的にイメージして書き出してみましょう。

不思議ですが、このパーフェクトカスタマーは一度書き出すとゾロゾロと出現します。

あなたのビジネスのマーケットは膨大です。皆んなに向けて発信しようでは、 いい手紙は書けませんよね。

ですからまずはたった一人その人にだけに向けて手紙を書きましょう。

その人の利益にアピールするような手紙を書く


たった一人の、パーフェクトカスタマーを決める。
この商品を世界中の誰に売りたいかを考えて決める。

そうすればその人にとってアピールできる利益は何かも自ずとわかってきます。

まずはここからやってみましょう。

誰の目線で手紙を書くか

ミー(私)メッセージと
ユー(あなた)メッセージ

あなたが決めたパーフェクトカスタマーに合わせて手紙を書くということは読み手主導の書くという事になるのでユーメッセージで書くという事です。

例えば

「弊社が、長年の研究でついに完成させた画期的商品です。
私は、この商品を自信持っておすすめします」

この手紙は売り手側(ミー)の論理で書かれていますよね。

最初から最後まで売込みが強く、読み手の目線で書いてあることは何一つありません。こんな手紙では読んでもらえてもそのままゴミ箱いきでしょうね。

対してこれが読み手主導のユーメッセージです。

「あなたは◯◯でお悩みではありませんか?その悩み、とても辛いですよね。この商品はそんなあなたの悩みを解決します」

「あなた」にとってこの商品はどういうものかという観点で書いたものです。

お客さんは自分に関係ないものは読んでくれません。

ここでひとつエクササイズをしてみましょう。

まとめ

自分の憧れている起業家がいれば、その人の会社、いなければ、自分が好きなタレントでも尊敬する人でも誰でもいいのでその人やその会社に雇って貰う為の手紙を書いてみましょう。

当然、売り込むのはあなた自身です。
雇って貰うには自分の得意な分野でなければいけませんよね。

これやってみると結構難しいですよ。

まずは自分の強みや得意分野を見つける。

見つけた上でいかに読み手の目線で手紙を書けるのか。

どうすれば読んでもらえるか?

どうすれば返事をもらえるか?

是非チャレンジしてみてください!