【初心者必見】読み手が頷くセールスレターを書く方法

アフィリエイト コピーライティング マーケティング


リードとは?


ヘッドラインで見込み客の注意をひいて、続けて読んでもらう部分です。

ヘッドラインは本文を読んで貰うために書き、
リードはそれを更に引き込んで行くために書きます。

物語で言うなら序章のことですね。

リードのコツは、読み手にうなずいて貰う事です。

うなずきが早ければ、あなたのセールスレターから読み手であるお客さんが離れる確率はぐんと減ります。

例えば、「何と〇〇が50%オフ!」何ていうヘッドラインならリードでその答えを書くわけです。

バイヤーが現地で直接買い付けしているなど、直ぐにうなずける話で誘導するのがリードです。


有効なパターンを8つ挙げるので実践してみましょう

①見込み客をグループ化する

・起業家として
・20代の貴方に
・女性限定

②お世辞

・率直に言って、これが似合う人は〜
・あなたにこれを紹介できるのはとても嬉しい事です

③ショック

・あなたが突然倒れたら〜
・今日、彼女が浮気します

④あなたと私で書く

「きっと私と同じ悔しい思いをあなたもしてきたでしょう」~等

⑤権威の引用

ビルゲイツはこう言っています」など誰が見ても凄いと思える人物も同じ意見を持っています、という書き方をすると読み手の興味も引きやすいです。人物ではなくても例えば東京大学では~とか弁護士が~という単語も効果的です

⑥好奇心を掻き立てる

「医者は一日中具合の悪い人といるのに何故健康なのか?」
(常に手を洗っているからと知り合いの医者に教えてもらったことがあります)

⑦もし〜なら〜

もしあなたが今まで〜したいと思っていたのなら、この商品(メッセージ)はこれまで見た中で最も重要な商品かもしれません。

⑧忘れてしまえ

「今までマーケティングで学んだ事は全て忘れてください。」
例えばベネフィットの提供など〜しろとか〜が重要とか


まとめ


リードはヘッドラインから繋げてストーリーに仕立てて書いてみてください。

そこから本文のベネフィットに誘導する。組み合わせはいくつか書きながら編集をしてみてください。

ヘッドライン(注意を引く)

その流れや、裏付け、回答で本文へ誘導する、早めにうなずきを取るのが肝要。
これがリードです。

そして本文でベネフィットを伝えましょう。