フリーランスのメリット・デメリット!フリーランスってぶっちゃけ…

お金 稼ぐ


ブロガーやYouTuberなど、フリーランスとしての人生を選択する人が増えていますよね。

会社に所属しなくても生きていける時代となり、むしろ会社に『所属しないほうが』豊かな暮らしができるという考えも広く普及しています。

そこで今回は、フリーランスのメリットとデメリットを紹介しながら、フリーランスが抱える悩みをぶっちゃけていきます。

人生の選択に迷っているという方は、ぜひ最後まで御覧ください。

フリーランスのメリットは?

  • 時間も場所も仕事も自由
  • 経費が使える
  • 『こうした方がいい』ができる
  • 収入が多い
  • などなど

まずはフリーランスのメリットをピックアップしてみました。

仕事が自由に選択できる

フリーランスの最大のメリットは、『フリー』であることです。

働く時間や場所、仕事の内容や相手を全て自分で選ぶことができます。

やりたくない仕事、嫌味な同僚や上司、面倒なクライアント、クレーマーなどなど、『嫌だなぁ』と感じる日々の業務は多いですよね。

仕事を自分で選択できるということは、これらのストレスから開放されるということです。

もちろん、仕事を選ぶということは、それだけ収入が限定されるということですので、収入とのバランスをとりながら仕事を選択していくことになります。

フリーランスは働く時間と場所が自由なのがメリットと言われることがありますが、それ以上に『仕事の選択が自分できる自由』というのが非常に大きなメリットです。

業務改善が自由自在にできる

日々の仕事の中で『こうしたほうがいいのに』『なんでこうしないんだろう』『効率悪いなぁ』と感じることがありませんか?

たとえそれが、仕事の効率が上がるような提案であっても、カイシャという組織の中で業務を改善することは容易ではありません。

コピー機の配置や休憩時間など、ほんの些細なことであっても、個人の意見を反映させることは難しいのがカイシャです。

それがストレスとなって心を蝕んでいきます。

しかし、フリーランスであれば、『こうした方が良い』ということをどんどん実践できます。

たとえそれが収益に結びつかなくても、あなた自身が納得できて、ユーザーが満足できることであれば、どんどん挑戦することができます。

これこそが『仕事』だと感じる瞬間です。

収入が多い

ビジネスにもよりますが、フリーランスは収入のすべてを自分で受け取ることができます。

「おれは5千万円のプロジェクトをやってる」

「今月の売上は1千万円を越えた」

なんていう話は、サラリーマン時代にイヤというほど聞きましたし、私自身も口にしていたと思います。

しかし、たとえ数千万円の売上があったとしても、毎月20万円の給料をもらうのがサラリーマンです。

営業所の売上トップになろうが、営業所長になろうが、その利益はすべてオーナーのものであり、株主のものです。

社長でさえ『タダの会社員』に過ぎません。

会社の利益はビジネスオーナーのものなのです。

一方、フリーランスや個人事業主は自分自身がビジネスオーナーであるため、売上のすべてが自分のものになります。

サラリーマンが見向きもしないような数十万円のプロジェクトであっても、利益がすべて自分の収入になるため、相対的にサラリーマンよりも収入が多くなります。

このように、フリーランスにはたくさんのメリットがありますが、デメリットがあるのも事実です。

フリーランスのデメリットは?

  • 収入が不安定
  • 借金がしにくい
  • 国民健康保険
  • 病気や怪我に注意

フリーランスは『不安定』だといわれますが、実際には、フリーランスが不安定というより、サラリーマンが安定しすぎているという方が正しいでしょう。

世界のセレブや大企業のオーナーでさえ先行きは不安定です。

100年続く老舗旅館の経営者も、数年後の見通しは分かりません。

フリーランスは自分の働き次第で大きく収入が変わります。

どんどん仕事を取りに行けば、それだけ収入が多くなりますが、ただ待っていても収入は増えません。

また、国民健康保険であるため、サラリーマン以上に将来の備えが大切になります。

ライフプランをしっかりと持っておくということが重要です。

フリーランスが抱える不安とは?

一見成功しているかのように見えるフリーランスでさえ、心の中には不安を抱えています。

たしかにサラリーマンよりもリスクが高い人生であることは間違いありません。

だからこそビジネスで目標を達成した時の喜びは大きく、収入も大きくなります。

フリーランスとサラリーマンを比較して、『どちらが良いか』ということを決めることはできません。

自分自身で決めることが重要です。

少なくともフリーランスを目指しているという人は、『自分で決める』習慣をつけましょう。